放課後等デイサービスとは

 

放課後等デイサービスとは、施設や事業者によってサービスの内容が異なりますが「障害者向けの学童保育」とイメージするのが表現としては一番近いところになります。

平成24年4月1日、障害者自立支援法・児童福祉法の一部改正により制度が再編され、従来、年齢や身体障害、知的障害、精神障害といった障害の種別によって分かれていた障害児施設の通所や入所のルールを一元化し、複雑な福祉サービスの内容が共通化したことで、利用しやすくなりました。各地域で身近に支援を受けられるようになったのもうれしいポイントです。

対象は、小学生から高校生までの学校教育法によって規定されている学校(幼稚園、大学を除く)に就学している障害児で、学校の帰りや土日、祝祭日などの学校休業日や夏休み、冬休みなどの長期休暇に利用する通所訓練施設になります。障害児に日常生活の基本的な行動の指導、集団生活への適応訓練等を行います。
※20歳に達するまで利用できるように特例もあります。18歳以上の障害児施設入所者については障害者施策(障害者自立支援法)で対応できます。

flowar_line3

はぐくみカンパニーが運営する『ハグクミ』では、「チャレンジする気持ち」「考える力」を育むとともに、社会で必要とされる人を育てるための放課後等デイサービスです。自分が社会に必要だと感じること、できることの喜びを知ることで、それぞれの成長を応援していきます。たくさんの喜びと感動を作り、それらを分かち合える社会が理想だと考えています。

 

 

flowar_line

 

放課後等デイサービス「ハグクミ(hagukumi)」の
詳細は下記よりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム問い合わせフォーム